f:id:shaho:20161119172451j:plain

病気やケガで仕事ができない場合にもらえる保険。なんと、4日以上でもらえる。もらいやすい保険金といっていいかもしれない。

これは、病院の支払いを、3割にしてくれる健康保険を払っている人が受け取れる。

給料の金額から日額を計算する。給料の満額がもらえるわけではないが、ないよりはマシだ。

給付金額としては、給料の日額を3分の2した分、大体66%ということだ。もうちょっと欲しい。

※給料の数字とは、標準報酬月額という、よく分からないものを使う

ただし、業務外という規程があり、仕事中にケガをしたものは認められない。

それに有給があるならそれを消化してからになる。

傷病手当金でとりあえずの休みの間はなんとかなるが、もらってから1年6カ月で権利が消失するようなので、超長期間の休みには無理がある。

アクロバティックで危険な遊びをしている人はとくに注意が必要か。